互換ソフトで費用削減

低価格でも十分な品質を備えたCADソフトを導入したいとなったら、互換ソフトの検討がおすすめです。画層レイアウト、外部参照なども思うがままに図面ファイルを表示できるのは、互換ソフトならでは。従来のCADソフトが備える機能を搭載している互換ソフトなら、データを開くだけでなくさまざまな操作が可能になります。

互換ソフトのメリットは、そもそものライセンス料金が低価格だというところ。それでいて品質も優秀ですから、安心して費用削減を狙った互換ソフトの活用へと進めます。中にはライセンス方式にバリエーションが用意された互換ソフトもあり、フルに活用する場合でなくても導入するメリットがあります。業界でもCAD互換ソフトの需要が増えて、どんどん機能性が進化しています。選び甲斐があり、活用し甲斐のある実用品です。

CAD互換ソフトのメリットは、大きくまとめて3つです。1つめは、互換ソフト自体が低価格であること。2つめは、互換性が高く、使用する人によってライセンス方式を変更できることです。毎日張り付いて使用するほどの人にはフルライセンスを、ときどき使う程度や使用範囲が限られている人には限定のライセンスをというように、ライセンス方式でも費用を削減できる可能性が出てきます。3つめは、機能性に優れているという点です。