旧ソフトのデメリット

従来のCADソフトには、導入した1本ごとにライセンスを取得しなければならないという費用の問題点以外にもデメリットがありました。例えば、他社から送られてきたCADのデータが開けないといった問題は重大です。逆に、他社に送ったデータが先方で開けなかったという問題点も指摘されています。

データが開けたとしても、レイヤや線種などが統一されていなかったという問題点が出てくることもあります。そのような事態になれば、作業の効率が悪くなり、人件費の増大にもつながりかねません。他の拡張子に変換してほしいといわれても、ソフトによっては不可能なこともあります。問題点が発生すればするほど、仕事上のコミュニケーションにも悪影響が出てしまいます。

CADソフトは、利用する人全てに使いやすいことも重要です。従来使っているソフトより進化したソフトを使用したほうがよいのは当然ですが、利用する人全員が扱いやすいかどうかにも注目することが大切です。互換ソフトを導入する際にも、誰もが手軽に扱えるかどうかという点は見落としてはいけません。効率をとことん追求することが、無駄を省いて作業を先へと進めることにつながり、コストの削減や利益を生むのです。