CAD環境構築の費用

CAD環境を構築するには、当然のことながら費用がかかります。1人でCADソフトを利用しているなら別ですが、会社ともなれば複数名が同じソフトを利用する必要が出てくるでしょう。ただし、1つのソフトを共有するのも無理があります。そもそも、CADソフトは安価とはいえませんから、何本も備えておくのは予算を圧迫してしまうでしょう。

低価格、かつ低コストでCADを導入したいとなると、ソフト選びにも慎重になります。低価格で、低品質のCADを導入してしまえば、仕事の質にも影響がおよびかねません。いかに品質の良いCADを低コストで導入するかは、課題といえるでしょう。高品質で低価格のCADを見つけたとしても、それぞれにライセンスを取得するにはコストがかさみます。ライセンスを取得しただけの活用が行われていればよいものの、非効率な活用になってしまうこともままあります。

CADを導入すると、保守費用やバージョンアップ費用もかかります。特に近年は、ソフトのバージョンアップが頻繁に行われるようになりましたから、新しい機能を素早く取り入れるためにはすかさずバージョンアップに追いつく必要があります。もちろん人数分となると、費用がかさんできます。そこで、費用削減のために、CADの互換ソフトウェアを導入するという方法も注目されています。