CAD導入費用削減法

CADの導入には大きな費用がかかりがちですが、これを上手に削減できると注目されているのが互換ソフトウェアの導入です。従来のCADの機能性を残しながらも、より良い進化を遂げた互換ソフトを導入することで、コスト削減だけでなく作業の効率を生み、さらには利益につながるといったメリットも得られます。

CAD環境を構築するための費用は、ライセンス取得代やバージョンアップ費用、保守費用など、ソフトウェア本体だけでは済みません。毎年のようにバージョンアップが行われ、そのたびに費用がかかることに閉口している方も多いでしょう。CAD環境を整えるために必要なコストについて、紹介しています。

従来のCADソフトウェアには、便利な反面、デメリットも少なくありません。まず、ライセンスの取得を1本ごとに行わなければならないのが、単純にコストを拡大していきます。他社と別のCADソフトを使用していることによって、受け取ったデータが開けない、送ったデータを開いてもらえないといった事態も起こりかねません。そのような問題が、他社との関係性にヒビを入れることもあるでしょう。

互換ソフトウェアを導入すれば、コスト削減に加えて作業効率の改善を狙うことができます。そもそも互換ソフトが低価格で、なおかつライセンスの取得に応用が利き、機能性も充実してきているのが互換ソフトのメリットです。CADの使用を日常にしている業界的にも、互換ソフトの導入は重要視されています。